グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 催事カレンダー  > 1月  > (令和4年)白鳥庭園のお正月2022〈終了しました〉

(令和4年)白鳥庭園のお正月2022〈終了しました〉

チラシはこちらからダウンロードできます。


小原和紙工芸展 "漉きと折りの作法”~和紙の陰影~

小原和紙工芸作家 かのうともみひさし

極厚~極薄の和紙作品が有する深い陰影に、新たな年への思いと疫病退散への願いを込めた小原和紙工芸作品と折形作品を清羽亭各茶室に展示いたします。

◎日時 1月8日(土)〜10日(月・祝) 午前9時30分~午後4時
◎場所 清羽亭

ユニット「かのうともみひさし」

2000年、ハノーバー万博でのワークショップより活動開始。加納ともみ、ひさし2人の名前からユニット名「かのうともみひさし」とする。
2003年9月パリ14区 Gallery-Grand-Paris での個展からフランスでの活動を開始。現在までにパリ、ボルドーにて、あわせて6回の個展グループ展を開催。又、国内外での和紙漉きワークショップを合わせて開催。教育・福祉・国際交流での活動を継続。2011年の東日本大震災後は釜石小学校でのワークショップ、ならびに和紙の卒業証書の送付を続ける。2014年より毎年白鳥庭園 清羽亭にて、新年を彩る和紙を展示。2019年にはミシガン大学で和紙の講義をおこなう。また上海長寧民俗文化中心での文化交流展に参加、上海交通大学での講義を実施。


近藤由美 2019年4月より、白鳥庭園 清羽亭において日本文化講習会「暮らしの折形」講師

1980年に小原村の和紙会館(現 豊田市和紙のふるさと)で和紙手漉きと指を筆にし文字を描く体験をして和紙を知る。その後時を経て、和紙による折り包み「折形(おりがた)」に出会い、その清らかな美しさに心打ち震え、日本の和紙文化に改めて瞠目する。今失ってはならない、忘れてはならないものとして、この和紙の文化「折形」を心ある皆様にお伝えしている。


きものDay

着物姿で来園された方は入園料無料!

◎開催日 1月8日(土)~10日(月・祝)

着物フォトサービス

雪吊りを背景に着物での思い出をその場で写真にして差し上げます。
着物姿で来園された各日先着50名様を無料で撮影。
※雨天中止

◎日時 1月8日(土)〜10日(月・祝) 午前10時~午後2時
(先着50名様を撮影した段階で終了します)
◎場所 宮の渡し広場
◎協力 白鳥庭園フォトフレンズ

名古屋の和菓子で祝うお兆月『新春お抹茶セット』 限定30セット

名古屋の和菓子店による新春を祝う特別な和菓子と特別なお抹茶をご用意いたします。
おめでたいお抹茶セットを味わっていただきます。

◎場所:茶寮汐入
◎金額:650円
※数に限りがございます。無くなり次第終了となります。
日程和菓子お茶
1月8日(土)川村屋清寿園
1月9日(日)不老園正光荒木芳風園
1月10日(月・祝)亀屋芳広妙香園

白鳥庭園からのお年玉 各日先着50部限定!

白鳥庭園オリジナル「しろぴーカレンダー」プレゼント!

◎日時:1月8日(土)~10日(月・祝) 午前10時~無くなり次第終了
◎場所:宮の渡し広場