グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 催事カレンダー  > 1月  > 新春茶会<終了しました>

新春茶会<終了しました>

初釜を祝って、水仙の咲く白鳥庭園で新春の茶の湯を楽しんでください

◎期間 平成29年1月7日(土)~9日(月・祝)
◎開園時間 午前9時~午後4時30分(午後5時閉門)
※通常開園時間と同じです。
◎入園料 大人300円(中学生以下無料)、市内在住65歳以上(要・敬老手帳等)100円


こちらからチラシがダウンロードできます


きものDay

着物で 友達と 彼と お母さんと・・・あなたにとって大切な人と着物で、おでかけ

着物姿で来園された方は入園料無料
◎1月7日(土)~9日(月・祝)

新春市民茶会

千利休に由来する本格的茶室で「にじり口」から入る本来の作法に従った茶の湯と
明治時代に裏千家11代玄々斎により考案された立礼(椅子)席にて立礼点前による茶の湯。
その二つの席での茶の湯を楽しんでください。

◎場所 清羽亭 澄蘆・立礼席
◎料金 一席:各500円

◎日時 1月7日(土) 午前10時~午後3時30分
◎亭主:水野荘平 愛知学院大学茶華道部
新たに成人を迎える学生達が中心となっておもてなしいたします。
立礼席では麗しい女点前が、小間席では凛々しい男点前がご覧いただけます。

◎日時 1月8日(日)9日(月・祝) 午前10時~午後3時30分
◎亭主:表千家 安田一絵(宗江)
◎亭主:裏千家 南原るり子(宗瑠)
表千家と裏千家の二人の亭主による、
立礼席と小間席の二つの茶の湯を体験できる、またとない機会です。

※一席ごとの入れ替え制になります。(澄蘆:6名、立礼席20名程度)
当日予約制(午前9時30分予約開始)になりますので、
園内散策の前に清羽亭入り口茶会受付にてご予約をお願いします。
※席数に限りがありますのでお早めにお越し下さい。
無くなり次第終了とさせていただきます。予めご了承下さい。

新春伝統芸能の集い

◎場所 清羽亭 広間

箏と尺八
◎琴:三つ音会
◎日時 1月7日(土)午前11時~/午後3時00分~

津軽三味線
◎和胤 加藤弘治 佐久間翔太
◎日時 1月9日(月・祝)午前11時~/午後3時00分~

※演奏時間は、小原和紙工芸の展示がご覧になれない場合がございます。ご了承願います。

着物フォトサービス

着物での思い出をその場でフォトフレームに入れて差し上げます。
着物姿で来園された先着50組様(家族、カップル、友人等で1組)を
無料で撮影。
☆各日先着50組様

◎協力 白鳥庭園フォトフレンズ
◎日時 1月7日(土)~9日(月・祝) 午前10時~午後2時
◎場所 宮の渡し広場   

小原和紙工芸展 “Seasons” ~それぞれの季節に~

小原和紙工芸作家 かのうともみひさし

◎日時 1月4日(水)~9日(月・祝)午前9時30分~午後4時
◎場所 清羽亭 広間

日本には季節を現す多くの言葉が在ります。
春夏秋冬、二十四節気、七十二候など、
移ろいゆく季節を巧みに表しそれを楽しむ日常がありました。
そういった移ろいゆくもの、或いは気配など目には見えないものを
和紙で表現できないかと試してみました。
どうぞごゆっくりと、ご覧いただければと思います。

※講演・演奏時間は、小原和紙工芸の展示がご覧になれない場合がございます。ご了承願います。

作家「かのうともみひさし」によるギャラリートーク
◎日時 1月7日(土)~9日(月・祝) 午後1時~

ユニット「かのうともみひさし」

2000年、ハノーバー万博でのワークショップより活動開始。
加納 ともみ、ひさし2人の名前からユニット名「かのうともみひさし」とする。
2003年、9月、パリ、14区Gallery-Grand-Parisでの個展からフランスでの活動を開始.
現在までパリ、ボルドーにてあわせて6回の個展グループ展を開催。
又国内外での和紙漉きワークショップを合わせて開催、教育・福祉・国際交流での活動を継続。
同じく2010年より毎年白鳥庭園晴羽亭にて、新年の和紙を展示。
2011年の東日本大震災後は釜石小学校でのワークショップ、ならびに和紙の卒業証書の送付を続ける。


アンケート結果報告