グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 催事カレンダー  > 9月  > 観月茶会〈終了しました〉

観月茶会〈終了しました〉

月を楽しむ特別な「観月の茶会」

◎期間 平成30年9月22日(土)~25日(火)
※25日(火)は満月のため臨時開園いたします。
◎開園時間 午前9時~午後9時30分(入園は午後9時まで)
※午後5時より正門のみの入園(北門は閉門)となります。
◎入園料 大人300円(中学生以下無料)、市内在住65歳以上(要・敬老手帳等)100円

中秋の名月に合わせて、午後9時30分まで開園を延長します。


秋露祭

秋露祭(しゅうろさい)
涼風(すずかぜ)市民茶会と白鳥寄席 特別席についてはこちらのページをご覧ください。


こちらからチラシがダウンロードできます


観月市民茶会

仲秋の名月の上がる方角を計算して建てられた茶室「清羽亭」で、
仲秋の名月を楽しんでいただくために最高の席をご用意いたしました。

◎時間 午後6時~午後8時30分
◎場所 清羽亭 立礼席
◎一席 各500円(和菓子付)

22日(土) 「十三夜」の席
 【亭主】表千家 水野荘平、愛知学院大学茶華道部

23日(日) 「小望月」の席
 【亭主】表千家 安田宗江

24日(月・祝) 「中秋」の席
 【亭主】五山会 綾小路五山

25日(火) 「望月」の席
 【亭主】日本中国茶文化交流協会 中国茶 ロ・ヴー 岩崎康直

※各日、1席30名の6席となります。一席ごとの入れ替え制になります。
 入れ替え時間を含めて一席約30分です。
(一席目午後6時~、二席目午後6時30分~、三席目午後7時~、四席目午後7時30分~、五席目午後8時~、六席目午後8時30分~)
※9月2日(日)より前売り券を白鳥庭園正門受付にて販売いたします。
 (電話等での販売はいたしません。)
※呈茶券(前売り券)は、数に限りがございます。お早めにお買い求めください。
 売切れ次第販売終了となります。ご了承ください。
※日時変更、払い戻しはいたしません。
※詳細、最新の在庫状況は白鳥庭園管理事務所まで、電話でお問い合わせください。

星空観察会

仲秋の名月を見ながら星空観察をしましょう。

◎日程 9月22日(土)
◎時間 午後7時~(雨天の場合は23日に順延)
◎場所 芝生広場

ギャラリー清羽亭 折形

「折形(おりがた)」とは、室町時代に大成された武家礼法の一つ。
贈進の物品を純白の和紙に包んで差し出すという、礼の心を表象する日本古来の作法です。
その流儀は厳しい基本原則を守りながら時代を経て洗練され、包みの形状にも多様な技法が凝らされて、
実用と造形美とを兼ね備えた見事な様式を生み出してきました。
今回は「折形」作品の数々を展示。
現代の日常生活に活かす包みの技法を体験いただくワークショップに加えて、
ギャラリートークとして「日本文化講習会『道』~折形~」を開催。
礼の心を深く見つめ直します。
 
山根折形礼法教場 講師 秘伝 近藤由美

◎日程 9月22日(土)~25日(火)
◎時間 午前9時30分~午後4時30分
◎場所 清羽亭 広間席

ワークショップ「折形」

◎時 間 午前10時30分〜
◎参加費 1500円
◎定 員 20名

23日(日) 内包み・お菓子のかい敷
24日(月・祝) 内包み・略式紙幣包み・コイン包み
25日(火) 内包み・入学祝い包み

ギャラリートーク 日本伝統文化講習会「道」 ~折形~

錦綾なす日本文化の精神を支える「道」。
それは、理想的な境地に至るプロセスを大切にする哲学であり、日本独自の美意識です。
本シリーズでは、その道の達人をお招きし各分野の真髄に迫る道案内を願います。
第ニ回は「折形」。
「折形」とは、単なる贈進の形式ではなく、相互に尊敬・謙譲の念をもって
円滑で豊かな人間関係を築いてゆくための「礼」の心から生れた行動美学の象徴です。
特に上級武家のみが使用を許されていた和紙という優れた素材を使った日本独自の文化です。
折形の歴史から様式の変化、現代生活との関りなどのお話とともに、折りの手ほどきまで。
折形に包みこまれた礼の心を披き、日本古来の精神(こころ)を辿ります。

達  人 近藤 由美
たづね人 紫堂 恵

◎日 時 9月22日(土)午前10時〜
◎参加費 2500円 折形体験(内包み・粉包み)、呈茶付き
◎定 員 20名

※詳細問い合わせ・申し込みは白鳥庭園管理事務所まで 電話(052)681-8928
※定員になり次第募集を終了します。
※講習日より1週間前までのキャンセルにつきましてはキャンセル料が発生しませんが、
それ以降のキャンセルは材料費1500円をお支払いいただきますので、ご了承ください。