グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 見頃情報  > 季節の花  > 冬

12~2月に開花する花です。


雪吊り
冬の風物詩です。

カンアヤメ(寒菖蒲) アヤメ科
日本原種で冬に咲くちょっと変わったアヤメである。アヤメというからにはやはり水辺ではなく陸地に咲く。背丈はアヤメより低くスイセンに似た所もある。

カンツバキ(寒椿) ツバキ科
濃い紅色の鮮やかな八重咲きの花を咲かし、一枚ずつ散っていく。枝が横方向に伸びるので高くならない。ただし、品種によっては高くなるものもある。サザンカとは、開花時期・葉・花も似ており見分けがつかず、学名的にも同じとなっている。

サザンカ(山茶花) ツバキ科
朝夕が冷たくなってきた晩秋から初冬にかけて咲き始める。サザンカは赤以外にもピンクや白の花を咲かす。カンツバキとは、開花時期も花も・葉もとても似ていてなかなか区別がつかない。サザンカの花は散るときは花びらが1枚ずつ分かれて散る。

シナマンサク(支那満作) マンサク科
日本原種のマンサクとは異なり中国の原産であることからこの名がついた。早春に咲き、ロウバイより少し遅れて咲く。花の色は、黄・オレンジ赤等の種類がある。日本原種のマンサクは黄色のみである。

ニホンスイセン(日本水仙) ヒガンバナ科
ニホンスイセンという名がついているが、地中海原産である。冬に咲く代表的な花であり、特に越前海岸のニホンスイセンは全国的にも有名である。

ピラカンサ バラ科
日本名ではトキワサンザシという。実の色は、赤・オレンジ・黄などの種類があるが、雪の積もった日の赤いピラカンサの実は美しい。鳥がえさの少ない冬場に好んで食べる。

フキノトウ(蕗の薹) キク科
フキ(蕗)の花である。いち早く春を告げる山菜としてつぼみをてんぷらにすると、苦味があっておいしいものとされている。大きくなったフキの茎も食用とされる。

マンサク(満作) マンサク科
年が明けると「まず咲く」ということから「マンサク」あるいは「いっぱい咲く」ので「マンサク」というようになったという説がある。黄色い細い断裂した花をつけるので、あまりきれいではないと言う人もいる。日本原種のマンサクは黄色のみで、赤やオレンジのものはシナマンサクである。

ロウバイ(蝋梅) ロウバイ科
冬枯れの寂しい時期に真っ先に咲き出す花である。芳香が強く甘美な匂いがする。写真の花は、ソシンロウバイ(素心蝋梅)で、全体が黄色である。原種のロウバイは下向きに咲き、中央部が紫色である。名前の由来は花弁がロウ細工のように見えることからとされている。

ヤブツバキ(藪椿) ツバキ科
一般的な「ツバキ」とはほとんどこのヤブツバキを指す。別名「ヤマツバキ」という。園芸品種では1万以上の種類がある。花はやや筒型で、花ごと散る。よく似たものに、サザンカ、カンツバキがある。
首から落ちるので昔は武士には縁起が悪いとして自宅には植えなかったと言われている。