グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 茶室 清羽亭

茶室 清羽亭

庭園のほぼ中央、流れのほとりに位置する清羽亭は、自然素材を生かして、京都数寄屋大工と尾張大工の親密な協力によって造り上げた本格的な数寄屋建築です。

外観は白鳥の舞い降りる姿をイメージし、庭園と建物の美しい調和を見せています。

母屋にある広間と二つの茶室、中州の上の立礼席では茶の湯を楽しめます。
また、母屋と立礼席を結ぶ渡り廊下では庭や流水を眺めながら落ち着いたひとときを過ごすことができます。
茶会・歌会などに広く利用できます。

重要なお知らせ

令和2年11月分・12月分の清羽亭利用受付は、令和2年6月2日(火)に受付開始となりました。

清羽亭 特別開放日のお知らせ